DISPLAY LANGUAGE
NEAREST LOCATION

IE11 ブラウザには対応しておりませんので、特定の機能が期待どおりに動作しない場合がございます。Chrome バージョン 87.0 以降、Firefox バージョン 83.0 以降、または Edge バージョン 44 以降の環境での閲覧をお勧めします。

X

エデュケーションサービスカスタマーサイトにアクセスしているユーザーとして識別されました。 閲覧、追跡、トレーニングの利用などのアクティビティを実行したい場合は、 ここを選択して リダイレクトしてください。 教育Webサイトへのアクセスの詳細については、 FAQをご覧ください。

X

概要

知識共有は、Dell Technologies Proven Professional 認定資格者が、その専門技術、独自の導入、ベスト プラクティス、興味のある関連トピックを紹介する記事を投稿するためのプラットフォームです。

毎年、このプログラムでは、Proven Professional 認定資格者を招待して、知識共有コンペティションに参加し、ソートリーダーとしての能力を発揮していただいています。このコンペティションは、認定取得者同士で膨大な量の知識を競いながら楽しく共有できるイベントです。審査員団によって選ばれた記事の執筆者は、Dell Technologies World 期間中に開催される、Dell Technologies Proven Professional 知識共有コンペティションの授賞式で表彰されます。

現在、知識共有ライブラリーには、人工知能、データサイエンス、クラウド コンピューティングとセキュリティ、ストレージ プラットフォームなどのトピックを網羅した500以上の記事やビデオが掲載されています。知識共有ライブラリーからのダウンロード数は300万件に近付いており、知識を共有する力を如実に示しています。

記事執筆者のコミュニティーに参加する準備はできていますか?コンペティションは通常、10月~5月に実施されます。

                                                    知識共有2021

2021年度の知識共有コンペティションがスタートしました!上記のFAQ、公式ルール、申請のガイドラインをご確認ください。

今すぐ始める >>

 

 

2020年度の知識共有受賞者発表

2020年度の知識共有受賞者は、授賞式で賞を授与されます。

 

2020年度コンペティション第1位


How 5G Transforms Cloud Computing(5Gがもたらすクラウド コンピューティングの変革)

 

Orange Business Services
Digital Solutions、Cloud & IoTSr.
Solutions Architect
Mikhail Gloukhovtsev

2020年度の知識共有コンペティションで第1位を獲得したこの記事で、Mikhail Gloukhovtsev は、5Gとクラウド コンピューティングの共生という新たな概念と、この概念がもたらすクラウド コンピューティングの変革を探求しています。この変革は、新しいクラウド コンピューティング アーキテクチャを実現し、クラウド サービスを利用するさまざまなビジネスに影響を与え、新たなビジネス チャンスを生み出します。Mikhail は、5Gクラウド ソリューションの主な課題をレビューし、5G時代のクラウド サービス戦略の策定について洞察しています。

 

2020年度コンペティション第2位
 
Project Alvarium: The Future of Edge Data(Project Alvarium:エッジ データの未来)


デル テクノロジーズ
デル テクノロジーズ フェロー
Steve Todd
2020年度の知識共有コンペティションで第2位を獲得したこの記事で、Steve Todd は、エッジ データの未来と、Project AlvariumコミュニティーによるData Confidence Fabric(DCF)の導入の促進を探求しています。DCFは、IoTやエッジ導入で広範囲にわたって作成されたデータの「信頼度」や「信用度」を、ビジネス アプリケーションで測定可能にするために提案されている業界標準です。Steve は、Project Alvariumの概要、解決する問題、およびその実装方法について説明しています。

2020年度コンペティション第3位
 
Distributed Intelligent Security Agents for IoT(IoTのための分散型インテリジェント セキュリティ エージェント)




デル テクノロジーズ
Sales Engineer Analyst
Sandra Mamdouh Sidhom
2020年度の知識共有コンペティションで第3位を獲得したこの記事で、Sandra Mamdouh Sidhom は、IoT システムの異常な動作を検知するインテリジェント ベースのアプローチを分析しています。Sandra は、分散型インテリジェント エージェントの既存のパラダイムと、IoT ドメインで生じているセキュリティの脅威について論じた後、IoT 環境での異常な動作を検出するために分散型インテリジェント エージェントを利用できるかどうかを検討しています。

最優秀データ ストレージ賞


The Evolution of Enterprise Storage(エンタープライズ ストレージの進化)

 

Bruce Yellin この20年間で、エンタープライズ ストレージの世界は革命的な変化を遂げました。パフォーマンス、コスト、性能、機能などの概念が新たな意味を持つようになっています。そして現在、コンピューター ストレージはさらなる変化を遂げようとしています。コストを半減しながらパフォーマンスを倍増させる新しいタイプのストレージは、ムーアの法則が今も有効であることを示しています。2020年度の知識共有コンペティションで最優秀データ ストレージ賞を獲得したこの記事で、Bruce Yellin は、この10年間に生じたエンタープライズ ストレージの劇的な変化を、開発事例を交えてわかりやすく解説しています。

最優秀データ保護賞


Immutable Data Protection for Any Application(あらゆるアプリケーションに対応する不変のデータ保護) 

 

デル テクノロジーズ
Principal Systems Engineer
Mike van der Steen

 

2020年度の知識共有コンペティションで最優秀データ保護賞を獲得したこの記事で、Mike van der Steen は、バックアップ データの不変コピーの作成のために活用するData Domain の基本機能の概要、その作成プロセスとリカバリー プロセス、およびこうした不変コピー作成の日次タスクを自動化するサンプル スクリプトについて説明しています。Mike の記事の主な焦点はバックアップ アプリケーションに当てられていますが、Data Domain にデータを保存するすべてのアプリケーションに取り入れることができるため、どのようなアプリケーションでも不変のデータ保護を提供できます。

最優秀量子コンピューティング賞


Harnessing Uncertainty(不確実性の活用)

 

デル テクノロジーズ
Solutions Engineering Specialist
Terence Johny

 

世界は、量子至上主義というゴールに向かって着実に歩んでいます。これは人々の生活の質を高めることになるのでしょうか。それとも、私たちの存在をさらに複雑なものにするのでしょうか。2020年度の知識共有コンペティションで最優秀量子コンピューティング賞を獲得したこの記事で、Terence Johny は、量子の世界を探求し、量子分野を支配する中核的な現象の一部を解明するとともに、そうした概念を現代の量子コンピューティング アーキテクチャに結び付けようとしています。

 

 


 


2020年度公開スケジュール
 

8月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Factors Influencing Anatomy of Digital Future(デジタルの未来像に影響する要素) トランスフォーメーション デル テクノロジーズ
Manager、Sales Engineer Analyst
Sabyasachi Panda
トランスフォーメーションはいきなり起こるものでもなければ、クラウド戦略を採用するだけで実現するものでもありません。
この記事では、現在進行中のデジタル革命を検証し、デジタルの未来像を変える鍵となる指標、すなわち「12個のC」を探ります。 
NVMe THE FUTURE(NVMeの未来) ストレージ デル テクノロジーズ | PSS
Sales Engineer Analyst
Abhijith M

および

デル テクノロジーズ | PSS
Senior Sales Engineer Analyst
Naga Koduru
この記事では、vCenter Server のデータベースやその他のハイパーバイザーの類似管理ツールにソルト値を保存するスマートな代替手段を見つけることにより、テナントの機密性を強化するガイダンスを提供します。また、リソース最適化手法の使用を制限したり、脆弱性として扱ったりするセキュリティ上の懸念事項を特定し、メモリー共有をより効果的に適用するベンダーに依存しない代替手段を定義します。
Securing Memory Sharing for Cloud Tenants(クラウド テナント用のメモリー共有の確保) クラウド デル テクノロジーズ
Senior Advisor、Customer/Technical Training
Sameh Talaat

および

デル テクノロジーズ
Senior Advisor、Sales Engineer Analyst
Hussein Baligh
この記事では、非構造化データに関する幅広いトピックを取り上げ、オブジェクト ストレージ ソリューションがもたらすビジネスの変化、およびそのようなソリューションの内部構造とそれを使用するビジネスの進化について詳しく説明します。また、ブロックチェーンとは何か、多種多様な形のブロックチェーンがどのように機能するのか、機械学習などの先端テクノロジーと一緒に使用することでこのようなタイプの導入をどのように改善できるのかを、しっかりと理解することができます。
An Objective Use of Blockchain in Object Storage(オブジェクト ストレージにおけるブロックチェーンのオブジェクト使用) ブロックチェーン デル テクノロジーズ
Systems Engineer
Anthony Dutra

Thomson Reuters
Senior Software Engineer
William Lupo

および

Wayfair LLC
Senior Software Engineer
Varshith Anil Kumar
この記事では、NVMe と現在使われているプロトコルの簡単な背景を紹介します。SAN 環境で NVMe を使用することにより、パフォーマンスを向上させ、ボトルネックを軽減するアプローチの概要について説明します。また、データ センターで NVMe を使用するメリットや、他のプロトコルと比較した場合のNVMe の利点についても説明します。
9月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Customer Sentiment Analysis(カスタマー センチメント分析) データサイエンス Sucheta Dhar
および
Prafful Kumar
この記事では、自然言語処理(NLP)を使用して特定の製品に対するお客様のレビューを分析することに焦点を当て、そのお客様をリピーターに分類し、お客様は製品に満足しているか、不満足か、どちらでもないかを判断するための機械学習モデルを構築する方法を説明します。 
Manual Storage Sizing(手動でのストレージのサイズ設定) ストレージ デル テクノロジーズ
Manager
Poorna Prashanth
ストレージ性能の KPI を理解することは、お客様とプリセールスの会話を始める際や、パフォーマンスの問題の根本原因を特定して製品の位置付けを高める際に重要です。この記事では、全体的なストレージ性能に影響を与えるさまざまなパフォーマンスと容量の指標について説明します。また、パフォーマンスと容量の指標を考慮しながら、ツールを使わずに手動でストレージのサイズ設定を行う方法も紹介します。
Fine-Tuning Deep Neural Networks(ディープ ニューラル ネットワークの詳細なチューニング) ディープ ラーニング Dell EMC
Sr Principal Engineer、
Solutions Architect
Rajasekhar Nannapaneni
さまざまなアプリケーションで多くの重要な問題に適用されているディープ ニューラル ネットワークは、この10年間で機械学習の重要な考え方の1つとなっています。この記事では、ディープ ネットワーク全体のパフォーマンスを向上させる、ディープ ニューラル ネットワークのチューニング技法について説明します。また、新たに開発したディープ ニューラル ネットワークをベンチマーク データセット「CIFAR-10」に適用して、これらのチューニング技法の結果や機能も紹介しています。
Bridging Digital Transformations Through RPA(RPAによるデジタル トランスフォーメーションの橋渡し) 自動化 Brillio
Head of Technology Innovations - Digital Infrastructure
Mohammed Hashim
ロボティック プロセス オートメーション(RPA)は、レガシー システムの有用性を維持しつつ、クラウドの効率性を加えることで、共存するレガシー アプリケーションとクラウド アプリケーションのギャップを埋めることができます。この記事では、連続するインテリジェントな自動化の導入戦略、グローバル オートメーション市場、RPA トランスフォーメーションのユース ケース、導入方法、導入成功の鍵、段階的な ROI 計画、今後の機能拡張について説明します。
10月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Data in Driver Seat of Modern Vehicles(最新車両の運転席にあるデータ) データサイエンス デル テクノロジーズ
Solutions Architect
Shankar R
この記事では、インテリジェントなリソース割り当てを通してデータ センターのエネルギー効率を高めるために、効果的なパフォーマンスを提供できるフレームワークについて説明します。また、このフレームワークがどのようにしてサービス レベル アグリーメント(SLA)の違反を防ぎ、環境に優しいクラウド リソースの導入を実現するのかについても説明します。提案されたフレームワークを使った導入は、環境に配慮したソリューションのための強化学習とファジー ロジックを使って実現します。 
SecureMLM - Privacy Aware Machine Learning Model(SecureMLM - プライバシー対応機械学習モデル) 機械学習 デル テクノロジーズ
Customer/Technical Training
Advisor
Shikha Pandey
この記事では、自律走行車両とマイクロ モビリティ ビークルでデータが果たす役割を取り上げ、この2種類の交通手段にデータがどのように貢献しているかを探ります。まず、自動運転車を製造するメーカーが、車のさまざまな情報源(カメラやセンサー)から収集したデータについて、どのように収集、保存、処理、分析し、機械学習を活用しているのかを深く掘り下げます。その後、データ コレクションとデータ処理により、自転車シェアのプログラムがどのように促進され、「環境に優しい乗り物」の活用が広がっているかを論じます。
Resource Allocation Using Reinforcement Learning(強化学習を使用したリソース割り当て) クラウド Chethan Nagaraj

および

Manu Joshi
この記事では、マルチクラウドなどの最新テクノロジーにおける機械学習の重要性を強調します。また、プライバシーを考慮した新しい機械学習モデルであり、データ移行時のエンドツーエンド セキュリティ ソリューションを設計および開発するために使用される、SecureMLM と呼ばれるフレームワークを提案しています。
Enhanced NetWorker(AI) to WOW Customer Experience(NetWorker(AI)の強化によるカスタマー エクスペリエンスの向上) ストレージ Customer Support Associate - Frontline Commvault
Arvind Kumar A R
この記事では、NetWorker アプリケーションの強化により、いかに AI/ML 対応が進み、テクニカル エンジニア/アナリストがトラブルシューティングに通常必要とする情報がいかに得やすくなるかについて説明します。この強化により、カスタマー サポート エクスペリエンスが向上し、問題の解決/修正にかかる時間が短縮されます。
11月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Study of the Use of Anonymity Models(匿名モデルの使用に関する調査) セキュリティ Dell
Business Process Management、Director
Carmen Marcano
データ保持者は、どうすれば個人情報を漏らすことなく、有用性を維持しながらデータを開示できるでしょうか?この記事では、個人識別情報のプライバシー レベルを強化するために実装できるフレームワークとして、k-匿名性、t-近似性、l-多様性を分析します。
Use Dell Technologies to Solve Your Dark Data Challenges(デル・テクノロジーズを使用したダーク データの課題の解決) データサイエンス Sonali Singh
コンピューター ネットワークのさまざまな操作で生成されるダーク データの増加は、ビジネス モデルに深刻な影響を与える可能性があります。この記事では、デル・テクノロジーズのソリューションが、お客様によるダーク データの管理とスマート データとしての活用にどう役立つかについて説明します。また、コンバージド プラットフォームのアーキテクチャについても説明します。
AI and ML Workloads Platform: Cloud or On Edge(AIおよびMLワークロード プラットフォーム:クラウドまたはエッジ) 機械学習 デル テクノロジーズ
Senior Sales Engineer Analyst
Harshit Dixit

および

デル テクノロジーズ
Associate Sales Engineer Analyst
Rani Priya S
この記事では、先端テクノロジーや5Gを利用すれば、パブリック クラウド以外でもML、AI、データ集約型アプリケーションをホストできる理由を考察しています。また、組織の要件に応じてこれらのワークロードをホストする最適な場所を特定し、それらを提供するためのコストとスタッフの時間を削減して、ビジネスの成果を最適化する方法について論じています。
Optimal Path Routing Using Reinforcement Learning(強化学習を使用した最適なパス ルーティング) ストレージ Dell EMC
Sr Principal Engineer、Solutions Architect
Rajasekhar Nannapaneni
ソース ノードとターゲット ノードの間の最適な I/O パスを取得するには、指定されたノード間を効果的に探索する、パス探索メカニズムが必要です。この記事では、AI の強化学習手法を使用した、新しい最適パス ルーティング アルゴリズムの開発について説明します。このアルゴリズムは、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)、ストレージ エリア ネットワーク(SAN)、バックアップ インフラストラクチャ管理など、最適なパスを使用する必要があるアプリケーションに容易に拡張することができます。
12月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Innovating with Lean Six Sigma(リーン シックス シグマを活用したイノベーション) プロセス改善 Animesh Gupta
各業界で収集される膨大なデータ セットは、提供されたデータから意味のある結果を生み出す、強力なデータ分析手法を使ってマイニングする必要があります。リーン シックス シグマのサイクルの各ステップでこれらの分析手法を活用することにより、効果的な意思決定を行うことができます。この記事では、リーン シックス シグマを適用して、データを活用した、より迅速で信頼性の高い意思決定を行うのに役立つ指針を示します。 
Data Protection for Containers(コンテナーのデータ保護) データ保護 Business Process Management
Director
Naveen Chandrashekar
コンテナにデータ保護は必要ないと思われるかもしれませんが、データ センターを災害から守るには、コンテナ インフラストラクチャの重要な部分をバックアップする必要があります。この記事では、バックアップ サーバーとバックアップ ストレージを使用する従来のデータ保護の手法が、仮想化環境で保護されたデータをクラウドで保護するソフトウェアデファインド ソリューションに変わりつつあることを検証します。
Future of Container Native Storage(コンテナ ネイティブ ストレージの将来) コンテナ Dell
Associate Sales Engineer Analyst
Sarthak Sharma

および

Dell
Senior Sales Engineer Analyst
Abhisek Sharma
ほとんどのアプリケーションはコンテナー化することができますが、コンテナに移行してもパフォーマンスを保ち、セキュリティを維持または高めるために必要となる労力を把握することが重要です。この文書では、CaaS(Container-as-a-Service)の有用性と、2つの主要なクラスター管理ベンダーであるGoogleのKubernetes(オープン ソース)とAmazonのEC2(クローズド ソース)への実装について検証します。
Faction with Isilon(FactionとIsilon) Isilon Presales Solution Services
Associate Sales Engineer Analyst
Sai Ganesh

Presales Solution Services
Associate Sales Engineer Analyst
Hari Narayanan S

および

Presales Solution Services
Associate Sales Engineer Analyst
Dhriva Kumar Urajala
Factionは、オンプレミスのストレージ プラットフォームを、マルチクラウド対応のデータ フットプリントに変換できます。この優れたマルチクラウドPlatform-as-a-Serviceでは、高速かつ低レイテンシーな接続により、複数のパブリック クラウドから同時にIsilonのフットプリントを利用できます。この記事では、組織がFactionとIsilonを活用して、効率的かつ効果的なITトランスフォーメーションを実現する方法について説明します。
1月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Whole Genome Sequencing in Life Science(ライフ サイエンスにおける全ゲノム配列解析) Isilon Gangadhara N

および

Lenin Ponnappa
この記事では、ゲノム配列を解析するすべてのデータの保存に Isilon と ECS ストレージが果たす重要な役割について説明します。
データ(ゲノム)配列の解析プロセス、保存および保護方法に焦点を当てています。 
VMware Cloud Foundations: Re-defining Hybrid Cloud(VMware Cloud Foundation:ハイブリッド クラウドの再定義) VMware Dell
Sr.Principal Engineer
Anuj Sharma

および

Dell
Sr.Principal Engineer
Benedikt Mayer
VMware Cloud Foundationは、VMware の優れたテクノロジーを組み合わせ、標準化されたソフトウェアデファインド データセンター プラットフォームをあらゆる規模の環境に提供します。この記事では、VMware Cloud Foundation のアーキテクチャを説明した後、NSX-V と NSX-T の統合、ストレッチ クラスター、Pivotal Container Service(PKS)などの導入シナリオを紹介します。また、設計やサイズ設定に関する考慮事項や、トラブルシューティングの側面についても説明します。
Pass the Hash セキュリティ デル テクノロジーズ
Nikhil Gowda
Pass the Hash 攻撃は、パスワードが変更されるまで、パスワード ハッシュがセッション間で静的に保持されるという、認証プロトコルの実装の弱点を悪用します。この記事では、Pass the Hash に対する認識、Pass the Hash を制御する方法を説明し、Pass the Hash の脅威の検知から制御までのすべての情報を集約します。
Y NOT VMware Cloud on Dell EMC - A one-Stop Shop(VMware Cloud on Dell EMCを使うべき理由:ワンストップ ショップ) クラウド Vinayak Coimbatore Sivanand CapEx(設備投資)からOpEx(運用コスト)への移行は、企業がパブリック クラウドを好む主な理由の1つです。適切な Infrastructure-as-a-Service(IaaS)は、組織のコストと運用オーバーヘッドを削減するのに役立ちます。この記事では、Dell EMC ストレージ上で VMware Cloud を活用するベストな方法について説明します。
2月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Security Reshaped in the Digital Transformation Era(デジタル トランスフォーメーション時代におけるセキュリティの再構築) セキュリティ

デル テクノロジーズ
Solutions Architecture
Senior Engineer
Mohamed Sohail

 

および


カイロ大学
Faculty of Computers and Artificial Intelligence
Assistant Professor of Information Technology
Nour Mahmoud
Nourmahmoud@cu.edu.eg

 

および

 

Robert Lincourt

 

および

 

カイロ大学
Faculty of Computers and Artificial Intelligence
Assistant Professor of Information Technology
Mohamed Hamed

 

デジタル トランスフォーメーションに伴い、サイバー犯罪の差し迫った脅威も増大しています。その結果、高まるリスク レベルを軽減するため、新たなサイバーセキュリティ技術が開発されています。この記事では、ビジネスを減速させるどころか、むしろ加速させるセキュリティのベスト プラクティスを紹介します。
Three Use Cases for Storage Class Memory (SCM)(ストレージ クラス メモリー(SCM)の3つのユース ケース) ストレージ

デル テクノロジーズ
Senior Advisor、Sales Engineer Analyst
Hussein Baligh


および


デル テクノロジーズ
Associate Sales Engineer Analyst
Lina Eissa


および

 

デル テクノロジーズ
Associate Sales Engineer Analyst
Ebrahim Serag

 

および

 

デル テクノロジーズ
Data Center Account Manager
Abdelrahman El Nakeeb

この数年間で登場したのが、DRAM と SSD のギャップを埋めるエキサイティングな新技術であるストレージ クラス メモリー(SCM)です。高速、低コスト、ハイ パフォーマンスという、他にはない特長を併せ持つSCMは、AIワークロード、バイオインフォマティクス、Big Data 分析、IoT 分析、インメモリー データベース、ハイパフォーマンス コンピューティングなど、読み取り負荷の高い、新しいアプリケーションの制御方法を確実に変革へと導きます。この記事では、メモリーとストレージの大まかな歴史、SCM の概念、SCM 技術、SCM の使用例について説明します。
Convolutional Neural Network(畳み込みニューラル ネットワーク) ディープ ラーニング デル テクノロジーズ
Associate Sales Engineer Analyst
Shwetha Lokesh
畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は、グリッド状のトポロジーでデータを処理することで視覚画像を分析するために一般的に使われている、フィードフォーワード ニューラル ネットワークです。この記事では、CNN とは何か、CNN での画像の認識方法、CNN の内部レイヤー、CNN を正確に説明する使用例を確認します。
Isilon Sizing: Sizing For Accurate Capacity(Isilonのサイズ設定:正確な容量のためのサイズ設定) Isilon Dell EMC
Presales Solution Services
Manager
Bhupendra Singh
保護スキームや小容量ファイルの数といった複数の要因が、Isilon クラスターの使用可能な容量に影響を与えます。この記事では、小容量ファイルがIsilonクラスターのストレージ効率に与える影響、Isilon サイジング ツールによる使用可能なクラスター容量の算出方法、小容量ファイルの効率性を考慮することで、使用可能な容量の誤ったサイズ設定を回避する方法について見ていきます。また、利用可能なツールを使用して小容量ファイルに起因する容量のオーバーヘッドを算出し、同じ情報を使用して正確な容量で Isilon ソリューションのサイズを決定する方法についても検討します。
3月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Operation "Olympic Games"(オペレーション「オリンピック」) セキュリティ

Dell EMC
Associate Sales Engineer Analyst
Kshitij Yadav

および


Dell EMC
Associate Sales Engineer Analyst
Abhiram T.S

この記事では、AI/ML がメディアやエンターテインメントでどのように利用され、どのように利益を生み出すかに焦点を当てています。また、現代の文化がもたらすいくつかの課題を概説し、企業はどのように特定の情報ソースの統計を使って理論の裏付けを取り、メディアやエンターテインメントのダイナミックな市場に適応しているかを説明しています。
Implementation of AI/ML in M&E Vertical(M&E分野におけるAI/MLの実装) 人工知能 デル テクノロジーズ
Remote System Engineering
Manager
Saif Al Rehman
Stuxnet ベースのマルウェア攻撃は、発電所、電力網、防衛組織など、多くの産業にとって大きな脅威となっています。この記事では、Stuxnet システムの歴史、動機、および世界の政治舞台に与えた影響について考察します。
Solving FSI Challenges with Dell EMC UDS(Dell EMC UDSによるFSIの課題の解決) Isilon Bhupendra Singh

および

Sai Ganesh
この記事では、金融サービス業(FSI)について説明し、FSI におけるさまざまなワークロードと、これらのワークロードに対処する際に直面する課題を取り上げます。また、発生する可能性のあるさまざまな運用上の課題と、Dell EMC Isilon と Dell EMC ECS がこれらの課題の克服にどのように貢献できるかについて考察しています。 
Multiple Active Data Centers Solution(複数のアクティブなデータ センター ソリューション) ストレージ BoardWare Information System Limited
Business Consultation
Senior Solution Expert
Victor Wu
この記事では、複数のアクティブなデータ センター ソリューションを計画、構築する方法について説明します。ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)を3つの異なる場所にまたがる複数のアクティブなデータ センター ソリューションとして計画し設計する方法を探り、さまざまな SLA 要件とアプリケーション階層条件に基づく、複数のアクティブ データ センターのサンプル ソリューションについて説明します。このソリューションには、ソフトウェアデファインド ストレージ(SDS)とアクティブ-アクティブ-パッシブ(AAP)インフラストラクチャが含まれます。 
4月
タイトル カテゴリー 執筆者 サマリー
Long-Term Retention and Archiving Digital Files(デジタル ファイルの長期保存とアーカイブ) ストレージ デル テクノロジーズ
Alliance Lead
Vinicius Assis
この記事では、標準化の責任者、ハードウェアおよびソフトウェア テクノロジー、保存プロセスなど、電子ファイルを長期保管するために行うアクションを分析します。ファイルを生成するソフトウェア グループと生成しないソフトウェア グループ間で予備的な分析も行います。さらに、拡張子や命名規則が標準化されていない問題を解決するために実際に生じたケースを紹介します。また、物理ストレージ テクノロジーを取り上げ、テクノロジーの専門家の見解を説明します。
PowerChain – Based on Blockchain 3.0(Blockchain 3.0をベースとするPowerChain) ブロックチェーン Dell EMC
Sr Principal Engineer、
Solutions Architect
Rajasekhar Nannapaneni
この記事では、ブロックチェーン テクノロジーの概念と内部構造、複数のドメインでのブロックチェーンの適用、ブロックチェーンの種類(パブリックと許可型)に加え、次世代のブロックチェーン3.0テクノロジーを促進する分散ストレージの概念について説明します。また、「PowerChain」と呼ばれる、企業向けのプライベート ブロックチェーン ソリューションを取り上げます。このソリューションは、デル・テクノロジーズのさまざまな製品やソリューションを、ハイブリッド ブロックチェーン ソリューションへの道を開く先進技術と組み合わせて構築されているため、特殊なユース ケースにも対応します。
Validation of Isilon F800 for EDA workload(EDAワークロードに対するIsilon F800の検証) Isilon Dell EMC
Senior System Engineer
Xiao-Jing Coroel Zhu
EDA(電子設計自動化)の設計では、ストレージの I/O が大量に発生します。物理的なシリコン形状の設計が小さくなるにつれ、設計の複雑さと対応する EDA ツール フローのストレージ要件は指数関数的に増大します。この記事では、現実的なベンチマーキングを行い、EDA ワークフローをより深く理解するために使用できる手法とフロントエンド/バックエンド ツールを紹介します。
Evolution of 5G & Engineering SLA for Scalable XaaS(拡張性のあるXaaSのための5GおよびエンジニアリングSLAの進化) 自動化 デル テクノロジーズ
Principal Systems Development Engineer
Shadaab Mohiuddin

 

および

デル テクノロジーズ
Principal Systems Development Engineer
Tabraiz Amman
第5世代モバイル テクノロジー(5G)は、ワイヤレス ネットワークやオペレーションのあり方を大きく変えました。5G はエラー耐性が高く、高品質なサービスを提供することが可能になるため、サービス レベル アグリーメントの設計などに影響が出ます。この記事では、サービス指向アーキテクチャ(SOA)からリソース指向アーキテクチャ(ROA)への移行に関する情報を提供し、マイクロ データ センターや自律型ハードウェアについて説明します。